美瑛丘2016年07月22日 22時30分08秒

美瑛丘

美瑛の丘を走っていると、遠くにカラフルな「四季彩の丘」が見えた。
大型バスから団体客がドバッと。。。大きな声が飛び交う。
花畑をバックに自撮棒でパチリ!する人が多い。
あっちこっちから日本語で無い話し声が聞こえて来る。

美瑛には20年以上前から通っていますが、
国際的になって来ましたね、注意看板が。。。ハングル・中国・英語と。

「哲学の木」のあった場所で合掌2016年07月21日 21時56分29秒

哲学の木のあったところ

札幌旭川と孫三昧の旅に出かけました。^^;

久しぶりで美瑛の丘めぐりもしてきました。
小雨が降ったり止んだりの天候でしたが、哲学の木が有った場所では合掌もしてきました。
マナーの悪い人の犠牲になったんだよね、哲学の木くん。(ー人ー)
(畑に入る輩が後を絶たないため、土地の所有者が切り倒してしまった。)
画像、立て看板の左端から上に延びた辺りの丘に立っていたはず。。。


なんか、間延びした風景に見えます。

美瑛「哲学の木」倒す2016年02月26日 23時33分12秒

元気な頃の「哲学の木」

「所有者、苦悩の末」と昨日の地元紙が一面に写真入りで報じた。

札幌に住んでいた時は、毎週末「美瑛詣」に明け暮れていた。。。
哲学の木を撮影しない時でも、次の撮影ポイントに行くコースとして、
前?を通り過ぎることが多い。

近年平気で畑の中に入って、両手を広げてポーズする輩を見かけたなぁ~
所有者が怒り狂って?赤いペンキで「哲学の木」の幹にデカデカと
X印を書いて怒りを表したことも。。。

風雪で弱り、農作業への支障も懸念されるとも書かれていた。

マナー等の対策をせねば、第2第3と現れるのではないかな。

ともかく、ありがとう「哲学の木」よ。(-人-)

哲学の木が。。。2013年08月09日 23時39分27秒

2008年の哲学の木

今日、TVで「哲学の木」のことが放映されていました。
風景の話題では無く、その木に赤いペイントで ”×” が付けられていたのです。
それも道路からの真正面にデカく見えました。

そこの所有者が畑に入ったり、置いてあるトラクターに乗せて写真を撮っているカメラマンなど、目に余る行為に怒ってしたようです。

ついに「そのうち来るんではないかな」と思っていたことが現実に。。。
そんな行為、隣国の方々ばかりではないだろう。。。

20年ほど前、アスファルトの車道から写真撮っていたら、トラクターに乗った人が怒鳴っていたのに驚かされたことがありました。
後で、仲間と「畑に入られたイヤな事があって、カメラマンを敵視するように」と話したことを思い出した。

麓郷のメルヘンの木も切られてしまったようだし。。。

「マナーを守ろう!」と言っただけでは良くならないだろうなぁ~

青い池2012年11月15日 23時24分25秒

青い池

最近、美瑛「青い池」の画像がマックmacbook proの壁紙に
なっているトピックスを見ました。ヤッパすばらしぃ~♪

初雪の頃の「青い池」の画像見て、昔私も撮っていたなぁ~と。
ポジファイル綴りを出して来て、ライトビューワで探しまくった。

10年前のフィルム、スキャナーで取り込んでみた。

あの画像も未だ美瑛川と繋がっていた頃に撮ったものと
思われます。
立ち枯れしたカラマツのテッペンも未だ健在ですわ。^^;
(当時、仲間内では「ブルーリバー」と呼んでいました。)


今年6月、早朝濃霧の中に浮かぶ「青い池」もUPします
ので見比べて下さいませ。



お祭り男 part4!^^;2012年08月02日 00時21分22秒

パパ、撮ってるよ!
夕方、美瑛から富良野市に入り、北海へそ祭り会場に。。。
お腹に顔を描く「図腹」が行われていました。

有名どころのチームは各々お抱えの図腹絵師?がおり、
控え場所で製作されているようです。
飛び入りチームなどは会場横の特設所で描かれていました。
親子で、子供同士で出場する人々が。。。

7時のスタ-トまでに練習する人、ジッと気持ちを整えている人など
いろいろですね。

お祭り男 part3!^^;2012年08月01日 01時19分27秒

ナッキー君
美瑛では丘を走って。。。

それから山に登って、ナッキー君に挨拶してきました。
未だ毛替わりが残っていました。

ナキウサギ2012年06月18日 20時52分38秒

ナキウサギ

美瑛まで来たので、ナッキー君に逢いに山を登りました。
残雪もあって、それをバックにと思ったが、注文通りには行きませんね。

イソツツジが咲き出していたので、それとの絡みをパチリ!
まだ毛替わりが済んでいないのでご覧の様相です。

蒼の世界2012年06月16日 21時29分25秒

美瑛「青い池」

美瑛の朝はガスが立ちこめ、車の走行には細心の注意が必要でした。
これは幻想的な「青い池」が撮れるんではと、真っ先に立ち寄りました。
先客が1台停まっていただけです。
木立から滴がポタポタ、結構寒かった。。。

何十回と立ち寄っていますが、これほどのガスは初めてかも。
立ち枯れの後ろは全く見えず、いい雰囲気のシーンを撮る事が出来た。

まるで東山魁夷「蒼の世界」でした。

富良野美瑛SLノロッコ号2012年06月15日 20時49分13秒

美瑛丘を走るSLノロッコ号

ヨサコイの後は美瑛でSLなど撮ってました。
美瑛の丘を感じられるよう、高台から待った。
線路が若干の下りなので煙が出るか心配でしたが、
そこそこ出ていたので「よし!」とします。^^;

ノロッコ号はオープン窓の車両も付いてるので、
煙たいだろうなぁ~♪と思いながらシャッター切った。