撮影会2017年06月20日 20時17分04秒

摩周湖&フウロソウ

土曜日、久しぶりの「会の撮影会」が行われた。
年寄りが多いので、「天気が良くない」「今年は時期が遅い」などの理由で繰り越されています。

摩周湖・小清水峠・硫黄山など回って、軽い撮影会でした。

が、翌日になって腰が痛くなって軽い「ギックリ腰」状態に。。。
翌々日になったら左足アキレス腱辺りも病み出し、階段を降りるのに一苦労してます。
何が原因なのか???です。

摩周湖で青紫のフウロソウを撮りました。
我が家でもピンク色のが咲いていますが。。。

サクラサク2017年05月17日 23時31分54秒

エゾヤマザクラとチシマザクラ

今日はカラッとした青空、我が家のサクラも疎らに満開!(爆)

エゾヤマザクラは去年の台風の影響のせいで片側半分がいじけて、蕾のままでいます。
小さなチシマザクラも咲いて来ました。
見比べてみました。


話は変わって。。。
今朝の新聞「読者の声・うそクラブ」と言う欄に、ツボに填まって朝から大笑いしたので紹介します。^^;

   うそクラブ
◇ 「一帯一路」構想
道東経済圏のことかな?
     ー 帯広、釧路市民

桜巡り2017年05月14日 21時23分11秒

津別・双子の桜&芝桜

昨日は予てよりの津別・双子の桜を見に出かけました。
満開を過ぎているがシバザクラとのコラボには間に合うだろう。。。
との読みで出かけたが、葉桜になっていた。ザンネン!!!

シバザクラの方は7~8分咲きで良かったのに。。。

一昨年のように、同時期にタイミングを合わせてくれる年もあると。

美幌・川湯・弟子屈を廻って戻りました。
釧路の海岸近くが満開前でしたが、他は満開~満開過ぎでした。

我が家のエゾヤマザクラも10輪ほどしか咲いていません。
17~8日頃が見頃かな?!

夫婦岩危うし。。。2017年03月29日 23時45分56秒

夫婦岩危うし。。。

厚岸末広にある「夫婦岩」です。

ここは初日の出が夫婦岩を繋ぐ巨大注連縄に昇るので、何度か元旦早朝に出かけたことがあります。
先日、流氷が入っているかも、と寄って見ました。
(上段が先日の、下段が2016.1.1のショット)

流氷は無かったですが、左側の岩(夫婦の婦岩?)の右側が傾いて開いているのが分かりました。
そのうちかなりが崩れちゃうでしょうね。
中程に見える岩も一部崩れて出来たものかも!?

崩れる前に初日の出の良いのを撮りたいなぁ~♪

エゾフクロウ2017年03月14日 19時12分54秒

エゾフクロウ

今冬シーズンはフクちゃんと出会すチャンスが少なかった。
洞が倒れていたり、別穴が開いたりで寄りつかなくなったり。。。

ならばと、今シーズン初めて訪れた洞を覗いた。
奥で静かに瞑想?、いや、抱卵中のようです。

巣立ちのタイミングで訪れることが出来たらいいけどなぁ~

おめかしシカ嬢?2017年03月03日 23時38分37秒

おめかしシカ嬢?

コッタロ湿原でのんびり枯れ草を食べているシカの群れに遭遇。
その中の2頭は耳に名札のイヤリング、首からはGPS付きネックレスをしていました。
以前、知床でイヤリング型標識を付けたのを撮って以来の遭遇です。

今回の首輪にはちょっと違和感がありますね。
行動範囲などを調査しているのでしょうけど。。。

経過して自然に外れそうには見えませんがどうなんでしょう?
まさか一生ぶら下げて暮らすのか。。。

暖かい日が。。。2017年02月16日 23時54分53秒

タンチョウヅル

。。。続いて、雪解けも進んでいます。
ま、例年3月下旬辺りにドカ雪が来るんですが。。。

穏やかな天気だったので、ラッコ情報を頼りに出かけました。
残念ながら会えず終いでした。

帰りに浜中の火散布に立ち寄って、タンチョウを撮って良しとしました。
ここの暖かさで、春を感じて戻ってきたのかな?
それとも越冬隊なのか。。。
8羽ほど確認できました。

流氷物語号2017年02月07日 23時25分48秒

オホーツクブルー号

今日(2/7)は 「SL冬の湿原号」を東釧路の先の橋から狙った。

踏切の警報音が鳴ったのでカメラ持ったら、見たことの無いブルーの車体の気動車が目の前を通った。
慌ててシャッター切りました。

帰って調べたら、昨シーズンまで走っていた「流氷ノロッコ号」の後継として1月28日から2月28日まで、網走―知床斜里間を1日2往復する観光列車のようです。

それがどうして根室=釧路間を走っているのか?
機材のやり繰りか?

ともかく珍しいのが撮れました。\(^o^)/

この列車が釧路駅に着いて、湿原号が出発するので、もうしばらく寒風に打たれることに。。。

意外と速い!2016年11月20日 22時59分59秒

雄阿寒岳をバックに

近くに飛んできた番のタンチョウが降り立った。

雄阿寒岳をバックに撮ろうと道路脇で立ち位置を決めて構えた。
200mほど離れた先の2組のタンチョウに向かって歩いて行くようだ。

脇目も振らず?スタスタと。
何と速い!速い!
モタモタしてると画角から外れるので、道路の端をカニ歩きしながらパチリ!パチリ!
我々が歩く速度より速いわ。

初冬の雄阿寒岳2016年11月11日 22時12分45秒

初冬の雄阿寒岳

雄阿寒岳を望む高台の眼下には色あせて枯れ落ちだした
カラマツ林が整然と並んでいる。
もう少し早ければいい色のが見られたかもね。

左側にそびえる阿寒富士・雌阿寒岳は雲で陰りイマイチでした。